So-net無料ブログ作成

秋の雨 [俳句]

寂しさが濡れて立ってる秋の雨

秋の蝶 [俳句]

ニンゲンに期待するなよ秋の蝶

水すまし [俳句]

水すまし水を澄ましてすまし顔      

秋高し [俳句]

無為を為し食うて寝るだけ秋高し

 [俳句]

思ひ出がほろろん揺れて萩咲けり      

法師蝉 [俳句]

法師蝉習わぬ経を読みにけり      

秋の風 [俳句]

飛ぶ鳥を落として生きよ秋の風

椋鳥 [俳句]

酔うほどに愚痴っぽくなる椋鳥よ      

蟋蟀 [俳句]

蟋蟀の声に誘われ闇歩く

秋の雲 [俳句]

今何時問うのは風か秋の雲     

朝顔 [俳句]

朝顔や空を捉へてすまし顔     

ゑのころ草 [俳句]

風がじゃれ光がじゃれる猫じゃらし

 [俳句]

蝉時雨止んだ後には死が一つ      

秋めく [俳句]

秋めきてそろりと死出の旅支度

秋の風 [俳句]

七十四歳愚鈍そのもの秋の風

秋の空 [俳句]

単純に愚直に生きん秋の空

秋の色 [俳句]

七十四歳人生まさに秋色や

蜻蛉 [俳句]

迷悟なく自在にすいと飛ぶ蜻蛉      

墓参 [俳句]

君の声聞きたく今日も墓参り      

向日葵 [俳句]

向日葵の一つ一つが太陽だ

残暑 [俳句]

沸くと云う言葉がぴったりの残暑かな

花火 [俳句]

淋しさが弾けて消えし花火かな

秋暑し [俳句]

野良猫が不機嫌顔す秋暑し

立秋 [俳句]

桐箱の抹茶茶碗や秋立ちぬ      

虫の声 [俳句]

厠にて聴く虫の声哀れなり

命日 [俳句]

命日や思ひ出濡らす夏の雨

メンテナンス実施中 [俳句]

8月3日(月)~8月5日(水)まで、心身のメンテナンスのため、お休みします。

かたばみの花 [俳句]

かたばみの花よ隣は空家です

蝉時雨 [俳句]

我が道を君と歩まん蝉時雨

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。