So-net無料ブログ作成
検索選択

 [俳句]

目の前の薊見ながら小雉撃ち

冷やし酒 [俳句]

生かされて夢の人生冷やし酒

夏の日 [俳句]

夏の日や独り楽しく茶碗酒     

麦秋 [俳句]

麦秋や愚直な道を歩む我     

桐の花 [俳句]

人生は雨の時代や桐の花      

古茶 [俳句]

犬喰わぬ喧嘩の後に古茶いるる      

葭切 [俳句]

鬱の空葭切の葦風に濡れ     

薫風 [俳句]

薫風や嬰児の目に神宿り       

夏燕 [俳句]

無人駅降りる客なし夏燕

青嵐 [俳句]

青嵐光りの影を踏むは誰       

牛蛙 [俳句]

牛蛙汝の声に我安堵        

夏の蝶 [俳句]

生き急ぎ死に急ぎする夏の蝶 

郭公 [俳句]

郭公の声聞く我は寂しいぞ   

筒鳥 [俳句]

筒鳥や疲れをいやす風の舞       

新緑 [俳句]

緑さす生死の谷に光り落つ

山つつじ [俳句]

腹時計鳴れば昼飯山つつじ

 [俳句]

単純に我は生きなん雉が鳴く      

夏の雨 [俳句]

老いて知るあっけらかんの夏の雨

新緑 [俳句]

新緑の闇に女が卵産む

薔薇 [俳句]

溜息をつく乙女子に薔薇の雨

牡丹 [俳句]

古女房歩く姿は牡丹かな

葭切 [俳句]

葭切や湖面に映る風の色      

山吹 [俳句]

山吹や散る時節には散るが良し

田植時 [俳句]

見渡せば越後平野は田植時

 [俳句]

生きるには悩みがないと幟立つ

命日 [俳句]

命日や目がうるんでる五月鯉   

立夏 [俳句]

七十六歳茶柱が立つ立夏かな       

春惜しむ [俳句]

生と死が交わる夢に春惜しむ

うぐいす [俳句]

鶯や遺跡の村に人の影   

藤の花 [俳句]

咲く藤に嫉妬する我老いにけり       
メッセージを送る