So-net無料ブログ作成

卒園 [俳句]

初孫やちいちいぱっぱで卒園す

椿 [俳句]

椿落つこれも一つの生き方か   

春の雨 [俳句]

七十六歳白髪交じりの春の雨

春の鴨 [俳句]

春の鴨寂しさ光る水面かな

残る鴨 [俳句]

残る鴨青き空見て羽ばたけり

土筆 [俳句]

土筆摘む光り華やぐ親子かな  

犬ふぐり [俳句]

犬ふぐり瞳輝く昼の星       

春の日 [俳句]

春の日や愚直に生きて七十六歳     

春雨 [俳句]

春雨や別れの数は愛の数

彼岸過 [俳句]

生き死にの道をとぼとぼ彼岸過  

彼岸 [俳句]

彼岸には亡き母の味おはぎ食ふ

彼岸 [俳句]

友来たり時間が飛んで彼岸なり    

入り彼岸 [俳句]

人は人違う道行く入り彼岸     

鳥帰る [俳句]

鳥帰る生きているのが我が仕事    

鳥雲に [俳句]

鳥雲に故郷の空さみしけり    

白鳥 [俳句]

白鳥の涙か空に星ひとつ

春霞 [俳句]

里山や背伸びしている春霞

蕗の薹 [俳句]

ほろ苦き命香るや蕗の薹      

春動く [俳句]

ボール蹴る子供等嬉々と春動く

春嵐 [俳句]

古女房ふてくされてる春嵐

越の春 [俳句]

日が射して雪が降る降る越の春       

春の雷 [俳句]

句らしき句詠み自己嫌悪春の雷    

残雪 [俳句]

残雪や風の便りに鳶が舞ふ       

春の雪 [俳句]

片えくぼ空が笑えば春の雪       

春の空 [俳句]

雲浮かぶ噂話の春の空       

命日 [俳句]

命日や時が流れて水温む       

春寒し [俳句]

酔うほどに知る寂しさや春寒し   

七十六歳 [俳句]

誕生日祝う妻あり老いの春       

雛祭 [俳句]

うつの空晴れて今日は雛祭

水鳥 [俳句]

水鳥や雁首揃え思案中
メッセージを送る