So-net無料ブログ作成
検索選択

雪の暮 [俳句]

しんしんと寂しさ積もる雪の暮

年の暮 [俳句]

雨脚が白くなりつつ年暮るる      

年の暮 [俳句]

耳掃除心掃除す年の暮

冬の日 [俳句]

冬の日や風が耳打ち寂しいね

冬の波 [俳句]

冬の波怒りぶちまけ崩れ落つ

聖夜 [俳句]

光あれ貧しき人の聖夜かな    

裸木 [俳句]

裸木や己を捨てて明日を生き     

ポインセチア [俳句]

老いて知るポインセチアの恋心

冬至 [俳句]

待ち人は来たらず今日は冬至かな

水鳥 [俳句]

水鳥や己の影が水に濡れ 

鱈汁 [俳句]

浜茶屋の鱈汁美味し海は時化

冬の海 [俳句]

喩えれば胸中暗き冬の海      

 [俳句]

人生に明日はありや今日は雪

冬薔薇 [俳句]

生と死の狭間は昏し冬薔薇

南天の実 [俳句]

灯をともす心はありや実南天

 [俳句]

余命とは針に糸通し過ごす冬   

風邪 [俳句]

口癖はあーあ疲れた風邪気味や     

老いの冬 [俳句]

待つことは耐えることなり老いの冬

師走 [俳句]

砂時計倒立させて街師走      

白鳥 [俳句]

白鳥の空が泣いてる雨霰

山茶花 [俳句]

山茶花や風も聞いてる風の声 

冬の鵙 [俳句]

陽が射して目元涼しき冬の鵙

裸木 [俳句]

裸木の色香に迷ふ風の影

命日 [俳句]

命日や空が泣いてる寒鴉

歳暮 [俳句]

歳暮鮭贈る人なし七十五歳

寒き人 [俳句]

黙然と石ころを蹴る寒き人

冬紅葉 [俳句]

談笑す光と風と冬紅葉      

師走 [俳句]

人間が猿に似てくる師走かな
メッセージを送る