So-net無料ブログ作成
検索選択

片栗の花 [俳句]

片栗の花の一つに恋慕せり     

山笑ふ [俳句]

風が舞ひ光弾けて山笑ふ

春霞 [俳句]

72歳頭の中は春霞

 [俳句]

悟りとは梅一輪の香りかな    

蒲公英 [俳句]

たんぽぽや今日も明日も生き日和

犬ふぐり [俳句]

紫の似合ふ乙女や犬ふぐり       

残雪 [俳句]

残雪や風と微笑む日の光

春の星 [俳句]

春の星我が潤めば皆潤み       

春霞 [俳句]

春霞初恋の人今いづこ

春風 [俳句]

春風や老ひを楽しみ死支度

春彼岸 [俳句]

鬼愛す老妻愛す春彼岸      

彼岸 [俳句]

晩酌は亡き子と交はす彼岸かな

涅槃西風(ねはんにし) [俳句]

遊びとは生きる糧なり涅槃西風        

春雨 [俳句]

春雨や心が濡れる君と僕

風光る

水面では光が踊り風光る        

春の空 [俳句]

春の空愁い顔して薄化粧       

 [俳句]

うつ気分桜の蕾硬きかな      

春の鳥 [俳句]

マネキンの森で恋せよ春の鳥

 [俳句]

旅人よ橋を渡ればそこは春 

三寒四温 [俳句]

日が沈み三寒四温日が昇り

春疾風 [俳句]

春疾風心清浄無尽蔵    

風光る [俳句]

悟りとは屁のようなもの風光る

 [俳句]

裏表見せて花咲く老夫婦

雪解 [俳句]

雪解けて胎児目覚めて空を見ん

 [俳句]

友に会ふ四十年ぶりの春に会ふ      

命日 [俳句]

命日や墓石撫でゆく春の風     

春寒し [俳句]

春寒し隣の家は今日も留守      

春の空 [俳句]

72歳寂しくないぞ春の空

雛祭 [俳句]

夫婦二人で祝ふ雛祭

三月 [俳句]

三月や雀ちゅちゅんと朝ぼらけ  
メッセージを送る