So-net無料ブログ作成
検索選択

日脚伸ぶ [俳句]

吹く風が手足伸ばして日脚伸ぶ

風邪 [俳句]

風邪引いて三途の川で舟を漕ぎ      

寒し [俳句]

草臥れて寝転んでいる風寒し

寒雀 [俳句]

我が庭で亡き子と出会ふ寒雀

吹雪 [俳句]

吹雪の夜悪寒戦慄真っ白け       

 [俳句]

降る雪は亡き子から来る手紙なり       

暖炉 [俳句]

縄文の時代恋しや暖炉の火      

山茶花 [俳句]

山茶花や垣根越しに話す風       

寒鯉 [俳句]

寒鯉は静かそのもの父偲び

寒の内 [俳句]

手鏡の自分に嫌悪寒の内

寒鴉 [俳句]

突然の訃報に啼きけり寒鴉      

冬木立 [俳句]

見渡せば冬木立のみ凛として

地吹雪 [俳句]

地吹雪や聾桟敷に客はなし       

 [俳句]

こんこんと咳をして降る今朝の雪

氷柱 [俳句]

時が解け光滴る氷柱かな

冬の星 [俳句]

恐竜の眼寂しき冬の星

雪明り [俳句]

密会の橋を渡れば雪明り

冬銀河 [俳句]

都では目を閉じて見る冬銀河        

冬の雷 [俳句]

明日思ふ心一喝冬の雷

冬将軍 [俳句]

俳人の句嫌いなりや冬将軍

風邪 [俳句]

反対す平和戦争風邪ひける     藤木洋良

寒の内 [俳句]

風泳ぎ骨透き通る寒の内

楪(ゆずりは) [俳句]

楪や道を譲られ風燥ぐ

初孫 [俳句]

初孫は千両役者雪が舞ひ       

七種粥 [俳句]

宿酔や七種粥に未来あり      

命日 [俳句]

命日や息子の墓に雪積もり

福笑 [俳句]

初孫も二歳になりて福笑

初春 [俳句]

初春や天下晴れて迷悟なし

初詣 [俳句]

初詣太宰府は雨木うそ買ふ

初夢 [俳句]

初夢やのの字の中に迷悟あり
メッセージを送る