So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の夜 [俳句]

秋の夜や我神となり立ちションす      

ななかまどの実 [俳句]

故郷のななかまどの実多弁なり       

 [俳句]

友に会ひ宿酔の朝柿を食ふ

秋の暮 [俳句]

髪染めて花やぐ妻よ秋の暮

秋深し [俳句]

秋深し隣の家は引っ越しす

紅葉 [俳句]

恥ぢらひを乙女知る日に紅葉

 [俳句]

柿もぐや老婆の顔あかあかと

 [俳句]

朽木には白き茸がびっしりと

岩木山 [俳句]

溶岩につまずく秋や岩木山

 [俳句]

杖をつき杖を忘れし旅の秋

林檎 [俳句]

車窓より見えし津軽の林檎かな

渡り鳥 [俳句]

渡り鳥天の果てから地の果てへ

柳散る [俳句]

風が舞ひ心静かに柳散る

秋の暮 [俳句]

寂しさにどっぷり浸かる秋の暮

秋深し [俳句]

秋深し告別式は静静と

星月夜 [俳句]

星月夜酒に愛されK氏死す

秋深し [俳句]

秋深し袋小路に売家あり

 [俳句]

日が昇り風を切り裂く鵙の声

木の実落つ [俳句]

我を見て時節到来木の実落つ     

鳥兜 [俳句]

風に惚れ風に惚れられ鳥兜

夜長 [俳句]

存在の寂しさ沁みる夜長かな

今年米 [俳句]

今年米塩むすびに化けにけり

秋晴 [俳句]

秋晴や隠し事なし在りのまま

秋の夢 [俳句]

臍帯で首つる胎児秋の夢

秋桜 [俳句]

秋桜風との対話たのしめり

命日 [俳句]

命日や墓地をふらひら秋の蝶

小鳥来る [俳句]

小鳥来て金魚の墓に糞をする

秋の風 [俳句]

秋の風迷路で道を間違えし

木犀 [俳句]

木犀や結婚四十年の匂ひかな

秋の空 [俳句]

何もかも水に流して秋の空
メッセージを送る