So-net無料ブログ作成

心太 [俳句]

青春は酢醤油の味ところてん

 [俳句]

鮨飯の好きな初孫八か月

夏の蝶 [俳句]

余生とはひらひらと舞う夏の蝶

夏の海 [俳句]

夏の海水が溺れて波になり

瀑布 [俳句]

悩むのは生きてる証し瀑布かな

 [俳句]

不安です眠れぬ夜の蝉の声

はまなす [俳句]

はまなすや夕日が沈む佐渡島

暑気払ひ [俳句]

暑気払ひ杯を重ねる昼下がり

大暑 [俳句]

初孫が立っちした日の大暑かな

松葉牡丹 [俳句]

散歩道空家の松葉牡丹かな

百日紅 [俳句]

百日紅風の答へに燃え上がり

噴水 [俳句]

噴水やはしゃぐ初孫ベビーカー

向日葵 [俳句]

向日葵や視線の先に笑顔あり

青田 [俳句]

空青し越後平野の青田かな

合歓の花(ねむのはな) [俳句]

合歓の花夢見る風が散りにけり

猛暑 [俳句]

老妻や姫鏡台の猛暑かな

夏菊 [俳句]

夏菊や宿酔の朝咲にけり

冷酒 [俳句]

古希祝ふ温泉宿の冷酒かな

初孫 [俳句]

初孫や涼しい顔で這い這いし

擬宝珠の花 [俳句]

擬宝珠の花山間の風はしゃぎ

夕焼 [俳句]

渚にて夕焼空を見るは誰

昼顔 [俳句]

昼顔やあなたが誰か風が問ひ

野薊(のあざみ) [俳句]

野薊や私が誰か風に問ひ

蓮の花 [俳句]

雨弱く乱れて蓮の花ひらく

七夕 [俳句]

七夕や亡き子に似つる星に逢ふ

命日 [俳句]

命日や盆提灯に灯をともす

西瓜 [俳句]

生も死も地獄極楽西瓜喰ふ

立葵 [俳句]

早朝の散歩楽しや立葵

山百合 [俳句]

山百合の香にむせ風の戦ぐかな

半夏生 [俳句]

風が揺れ光が濡れる半夏生
メッセージを送る