So-net無料ブログ作成

草の花 [俳句]

我愛す人知れず咲く草の花

秋寒し [俳句]

問うなかれこの実何の実秋寒し

秋の暮 [俳句]

独り寝や独り飯食ふ秋の暮

草紅葉 [俳句]

尾瀬沼や人ひと人の草紅葉

秋の風 [俳句]

君誰と問う人もなき秋の風

落鮎(おちあゆ) [俳句]

落鮎や水の流れに逆らわず

新米 [俳句]

鬱気分新米食べて躁気分

秋彼岸 [俳句]

孫の手が息子の遺品秋彼岸

良夜 [俳句]

生きている皆生きている良夜かな

曼珠沙華(まんじゅしゃげ) [俳句]

曼珠沙華生き恥さらし生きるなり

毒茸(どくたけ) [俳句]

毒茸に魅入られて我妻愛す

蕎麦の花 [俳句]

遠山や風が囁く蕎麦の花

枝豆 [俳句]

枝豆や老いの繰り言聞き流す

仲秋 [俳句]

仲秋の夜失禁す猫の玉

無花果(いちじく) [俳句]

無花果や遺影の母はおちょぼ口

芒(すすき) [俳句]

風に問い風が答える芒かな

竹の春 [俳句]

童顔が夕日で活きる竹の春

鯊(はぜ) [俳句]

釣上げし鯊に睨まれ児が笑う

萩(はぎ) [俳句]

萩の庭こぼれし風を掃きにけり

葡萄(ぶどう) [俳句]

七人の敵を失い葡萄食ふ

初嵐 [俳句]

初あらし風の便りも途絶えけり

猫じゃらし [俳句]

猫じゃらし猫がじゃれずに爺じゃれる

新月 [俳句]

新月や羞恥のあまり雲隠れ

蟷螂(かまきり) [俳句]

蟷螂の怒りに触れて風が散る

命日 [俳句]

命日やいろはにほへど秋の空

秋刀魚(さんま) [俳句]

人生の苦きを愛でて秋刀魚喰ふ

稲妻 [俳句]

稲妻や新潟の夜酒美味し

蜻蛉(とんぼ) [俳句]

死に場所を求めてつがふ蜻蛉かな

秋の蝶 [俳句]

幽愁や美に酔う秋の蝶ありき

天の川 [俳句]

目会ひや波の音する天の川
メッセージを送る